新着一覧

2020/04/03

コロナウイルスによる対応

 

現在コロナウイルスによるプールの閉鎖に伴い、子供のレッスンはお休みさせていただいております。

レッスンお申込みしていただいた皆様大変申し訳ございません。

プール再開までしばらくお待ちください。

 

大人のレッスンに関しましては、ティップネス東新宿店の対応に則り現在もレッスン中でございます。

また、完全個室によるジムパーソナルも受付中ですのでプールに通えない方のご相談を承っております。

もしご興味ある方はご連絡ください。

皆様大変な時期かと思いますが、ご健康をお祈り申し上げます。

 

 木下涼介

 

 

2020/04/03

池袋駅でのスイムジムパーソナル!

池袋駅でのスイムジムパーソナル!

 

この度、池袋駅徒歩数分のジムで水泳のためのパーソナルトレーニングを開始致します!

 

水中でのレッスンだけではなく、陸上でのトレーニングを行う事により上達スピードを上げる事が出来ます!

実際に、ジムでの陸上トレーニングでフォーム修正トレーニングと筋力トレーニングを受けられた方が、クロールの泳ぎが劇的に上手くなりました!

 

 

 

<トレーニング後変化>

クロール100m→(トレ後)クロール1500m!

平泳ぎ習った事がない→(トレ後からのスイムレッスン)15m平泳ぎ達成!

マスターズスイマー→(トレ後)自分の課題点を見つけその後自主練習をしてベスト更新!

ジュニアスイマー→(トレ後)ガムシャラに泳いでた泳ぎが頭で考える泳ぎに変わりベスト大幅アップ!!

 

現在コロナウイルスの影響で、プールで泳げない人がたくさん多い中でジムパーソナルでなんとか泳ぎの感覚を磨きたいという方も増えています。

 

この現状の中でも、個室で清潔に保たれた中でやりますので対応可能でございます。

 

 

ご興味ある方はご連絡お待ちしております。

 

木下涼介

2020/02/28

大人のスイムレッスン日記

2月某日

今回のクライアントは、泳げないという事がコンプレックスでずっと避けていたという60代女性の方。

運動自体が何年もやってきていないが、どうせやるなら苦手だった水泳に挑戦してみようと一念発起。

「誰にも教わったことはなく、運動自体も久しぶりなので不安です」

最初のカウンセリングでこう話されていました。

カウンセリング後にプールに入ってみると、少し力が入っている様子。

やはり潜在的な恐怖心的な何かが働いている様に見えました。

そういう方には、すぐにレッスンはせずに歩きながらコミュニケーションをとって水に慣れてもらいます。

ここに時間かけないですぐに泳いでも経験上、上手くいった試しがありません。

ある程度時間をかけて歩いた後は
『出来る出来ないは別として』

その場で、顔をつけたり潜ったり鼻から空気を出したりと本当に初歩的なことからやります。
そうして徐々に、体を水に慣らしていきます。

ここで、時間がかかりそうな場合は上向きで水の上に寝るという事をやることもあります。

上向きで呼吸が出来た状態のが、体の力が抜けやすいからです。

「いきなり上向きをやらせるの?」
と思うかもしれませんが、私が近くで完全に体を持ってあげて浮かせるので心配はいりません。

余談ですが、アメリカなどの水泳が盛んなところでは
高齢者の方達は、背泳ぎをずっと泳いでいるそうです。
その理由は、背泳ぎのが呼吸の心配がないからです。
クロールなどは、顔に水をつけなきゃいけないので関節が固くなってくる高齢者の方達は難易度が上がります。
それに比べて背泳ぎは力の抜き方さえ分かれば、高齢者の方達でも簡単に浮いて泳げるからだそうです。
すごーくゆったり泳いでるのですが、80代90代の方達が毎日のように泳いでるそうです。

なので、私は力を抜く練習としていきなり上を向いて寝る練習を取り入れてます。
上手くレッスンが進めば、クロールが泳げる前に背泳ぎが上手くなってしまったという人も多いです。

話を戻します。

その方は、初回のレッスンでは上を向いたり、手を持ってあげて下向きで浮いたりする練習をしただけでした。
早く前に泳ぎたくなる気持ちも大事ですが、後々ここの練習が必ず活きてくるのでここに時間をかけてレッスンを終えました。

その方からは、「水に入って浮いたりするだけでも、自分が信じられない」と話されて
レッスンが終わった後も、やった事を自主練習して帰られていました。

ここで何が言いたいかというと
私のレッスンでは、泳げるようになるという事はもちろんの事ですが
水泳に対して、ネガティブなイメージからポジティブなイメージに変えさせてあげる事を心がけています。

これは、幼き頃にトラウマがある人、泳げるように全然ならない人、タイムアップで悩んでいる人
全ての人に共通するネガティブなイメージを払拭したいという事です。

水は怖くないんですよ!
泳ぐって実はそんなに難しい事じゃないんですよ!
スピードアップするとっておきのコツは、面白いほど単純なんですけど難しさがあってハマるんです!

というように、水泳の不安をレッスンが終わった後はポジティブなイメージになって帰っていただきたいと常に思っています。

そうする事で、レッスン後に
「なんかわたしにも出来る気がする」
「やる事が分かったので水泳が面白いと感じれます」
「なんか水泳にハマってしまいました」
こんな風に思っていただけたら、私の思惑通りです笑


是非私のレッスンを受けて、水泳が好きになりハマってみませんか?


公式ラインからとホームページからのお問い合わせを選べます。

ホームページからお問い合わせする方は、登録していないアドレスからメールが届きますので迷惑メールと間違えないようにお願い致します。

 

公式ライン登録はこちらをタップ↓

 

 

 

<お問い合わせはこちらをクリック> 

 

 

 

#水泳 #水泳上達  #競泳 #速く泳ぐ #綺麗に泳ぐ #上手く泳ぐ #スイミング #選手 #マスターズ #マンツーマン

#個人レッスン #個人指導 #水泳塾 

 



2020/02/13

<タイムアップ必見>競泳という競技の本質

<タイムアップ必見>競泳という競技の本質

題名の「競泳という競技とは」について解説致します。

最近、タイムアップのために私のところを訪ねてくださる方が増えているので、この機会にこのことについて解説します。

 

 

皆さんは、「競泳」と聞いてどんな競技だと思うでしょうか?

「速く泳ぐスポーツ」

「一番速く泳ぎきるスポーツ」

こんな風に思うかと思います。

 

確かに合っています。

 

「なんだ簡単じゃないか」と思うかといると思います。

 

そこに「競泳」というスポーツの落とし穴があると私は考えています。

 

競泳は、当たり前ですが水の中で泳ぐスポーツです。

となると考えなくてはいけないのが

 

「水の抵抗」です

 


そんな事は知っていると思うでしょう


しかし、

ここを一番理解していないからこそ、タイムが上がらないと私はいつも断言します。

 

「深く理解し、一番大事な事」

と常日頃から思い、練習する事でタイムが上がるんです。

 

「水の抵抗との勝負が一番大事」

なぜならば、競泳は

「加速のスポーツではなく、減速のスポーツ」

だからです。

これはいろんな方が説明していますが

 

分かりやすく説明します。

 

競泳とは、しっかりと言葉で説明すると

「スタートをして反対側の壁までスピードが落ちていくのを、誰が一番スピードを落とさないで泳げるかのスポーツ」

なんです。

 

スタートから反対側の壁までの間で、

一番速くなる所は「スタート後、ターン後」ですよね?

 

泳いでる時に感じてみてください。

 

スタート後と、ターン後の蹴り出しのスピードはかなり速く水の中を進めます。

そこから競泳は、全ての人が減速していきます。

 

例えばですが、

50mクロールで泳いだとしましょう。


25mプールの場合(時速は仮の数値)

(例)

Aさん。スタート後(時速10km)、10m通過(時速8km)、20m通過(時速6km)、25mターン後(時速9km)、40m通過(時速5km)、、、という様にどんどんスピードは落ちていきます。

 

Bさん。スタート後(時速10km)、10m通過(時速9km)、20m通過(時速8km)、25mターン後(9km)、40m通過(時速7km)、、、BさんのがAさんより減速の幅が小さいので速く泳げています。

 

これにより、スタートから次の壁までスピードが落ちて、ターン後にまたスピードが出てから落ちていくのが分かりますね。


 

実は、隣の速く泳げる人は自分より減速の幅が小さいから速く泳げているのです。

 

この競泳の、「本質」を理解しながら練習して一歩目なんです。

 

速く泳げるのは、結果的に減速が少なかったからだけなんです。

 

この考えを持つと、最優先してやらなきゃいけないのが

 

①スタート、ターン後のスピードの減速を減らす(スタート&ターンの練習、ドルフィン&ひと掻きひと蹴りの練習)

②泳ぎの減速を減らす(抵抗のないフォームの習得)

 

になりますよね?

 

例えば先ほどのAさん、Bさんよりタイムは遅いのですが

①の練習で、スタート後の速度が(時速11km)になりました。となると同じ泳ぎをして同じ減速幅だとしてもスタート後の初速が上がれば、タイムは当然上がりますよね?


更に②の練習で、40m通過(時速6km)にUPをすれば、減速の幅が少なくなりタイムは更に上がりますよね?


これが「競泳という競技の本質」なんです

 

これを意識した上で、初めて毎日の練習のスイム練習(インターバルトレーニング、サークルトレーニング、体力向上トレーニング)をやることで速くなれるんです。


普段の練習でガムシャラに泳いでタイムが早ければ良いなんてことは、絶対にありえないんです。

 

選手も、マスターズの方も、学校やクラブのスクールの子供もタイムアップを望む人全員です。

 

かといってコーチ達は、たくさんの選手を見なくてはいけないので分かっていても一人一人には伝えきれないでしょうし、フォームのチェックを一人だけ集中してやりわけにはいきません。

 

そんなスイミングクラブのコーチやマスターズの方見きれないところをフォローするのが、私の役目だと思っています。

 

そうやって競泳界をお互いの長所を活かして、選手の成長の手助けとなればと思います。

 

私のレッスンでは、①と②の練習を専門としています。

 

ジムのパーソナルトレーナーとして体を理解してるからこそできる絶対に他にはないレッスンを受けてみたら、今までの水泳の概念が変わるかもしれません。

少しでも考えている方は、気持ちが高まっている内にお問い合わせを!

 

 

公式ラインからとホームページからのお問い合わせを選べます。

ホームページからお問い合わせする方は、登録していないアドレスからメールが届きますので迷惑メールと間違えないようにお願い致します。

 

公式ライン登録はこちらをタップ↓

 

 

 

<お問い合わせはこちらをクリック> 

 

 

 

#水泳 #水泳上達  #競泳 #速く泳ぐ #綺麗に泳ぐ #上手く泳ぐ #スイミング #選手 #マスターズ #マンツーマン

#個人レッスン #個人指導 #水泳塾 

 

 

 

2020/02/13

競泳大会、帯同のお知らせ


帯同のお知らせ

2月15日から2日間行われる「コナミオープン」という大会に選手のトレーナー帯同をしてきます。
私は15日のみの帯同となります。
そのため、15日のみお休みとさせていただきます。

実は、この大会ちょうど10年前に出た事があります。
当時、高校2年生だった私も200mバタフライで出場しました。
なかなか、思い出深い大会でもあります。

その時はまだ兵庫県のコナミ西宮店での開催でしたので、遠征という形で出場をしたのを覚えています。
実はそこのお店に今年の初めに利用してきました!


10年経って泳ぐプールは懐かしく、あの頃を思い出しながら利用させていただきました。

出場した10年前は、出場する直前にインフルエンザにかかってしまい散々な結果でしたが笑

昔出場したプールで泳ぐのも、今の楽しみです。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...